ウェットタイプのキャットフードを購入の際に知っておきたいポイント

ウェットタイプ

「カリカリ」の相性で親しまれているドライタイプのキャットフードのほかに「ウェットタイプ」のキャットフードがあります。ウェットフードにはどういった種類があり、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

ウェットタイプのキャットフードの強みやメリットを詳しく紹介

ウェットフードの最大の特徴は、名前の通り水分を含む食事だということです。
猫たちは元来砂漠に暮らしていた祖先をもち、少ない水分でも暮らしていけるような体の仕組みなので水分を摂取することはあまり得意でない子が多いのです。
ウェットフードであれば、食事をしながら知らず知らずに水分を摂取することができます。

また、食材がよりフレッシュな状態で加工されたウェットフードは美味しさの点からも猫に人気です。
同様に、原材料が「チキンとチキン煮汁だけ」「エビとツナだけ」のようにとてもシンプルで穀類やイモ類などを含まないウェットフードが多いことも強みです。
高タンパクなウェットフードは猫本来の食生活に近いため、消化吸収しやすく、お腹にも優しいでしょう。

ウェットタイプのキャットフードは開封前であればドライフードよりも長期保存が可能なのも嬉しい点です。
ウェットフードには「缶詰」だけでなくアルミケースに入ったものや、レトルトパウチなど色々なバリエーションがあります。
パウチタイプは保管の場所も取りませんから、有事の際に備えてウェットフードをにゃんこのために備蓄して置く、なんて使い方ができるメリットもありますね。

キャットフードの保存方法についてはキャットフードは鮮度が命!元気に食べてもらうための保存方法をご覧ください。

ウェットタイプのキャットフードは購入の際にここをチェック!

一般にウェットフードはドライに比べて猫たちの食いつきが良い傾向にあります。
そのため、「カリカリを食べてくれない」「食が細い」といった悩みを持つ飼い主さんでウェットフードへの乗り換えを検討している人も多いようです。

購入に際して一番注意してほしい点は「総合栄養食」なのか「一般食」なのか確かめることです。
「総合栄養食」とは、「そのフードと水だけで猫は必要な栄養を摂取できる」キャットフードのことです。
ドライタイプのキャットフードの場合、多くは総合栄養食です。

しかしウェットフードには「一般食」のタイプが頻繁に見られます。
「一般食」とはつまり「オヤツ」のこと。
それだけをずっと与え続けていても猫の身体に必要な栄養素を満たすことはできません。
したがって、「ウェットフードをメインに与えたい」場合には総合栄養食のウェットフードを選ぶ必要があります。

メインはあくまでもカリカリで、食欲増進のためや水分補給のためにウェットフードを併用する場合は嗜好性の高い「一般食」タイプを選んで問題ありません。
普段のドライフードにトッピングしてあげれば、タンパク質量もアップし猫本来のスタイルに近い理想的な食事に近づくことができますよ。

さらに忘れてはいけないのは、安全への配慮です。
水分が多い故に、品質維持のために添加物を多く含むウェットフードも中にはあります。
いくらたくさんのメリットがあっても、これでは猫の健康を害することにもつながりかねません。
そういった危険性を回避するためには、無添加を明記したプレミアムフードを選ぶことです。

覚えておくと便利!ウェットフードの形状とおすすめの与え方

ウェットフードには実は色々な形状の違いがあること、ご存知でしたか?
それぞれの特徴とおすすめの与え方をご紹介します。

フレークタイプ

素材そのままの形が残っているのが「フレークタイプ」です。
ごろっと大きな具材で満足感があるので、食いしん坊ニャンコにおすすめ!
このタイプには比較的安価なものが多く、食材の種類も豊富なのも良い点です。
ドライにトッピングしてタンパク質や嗜好性アップを狙うのがおすすめの使い方。

スープタイプ

さらさらものから、煮込まれた具材が一緒に入ったとろりとしたものまで色々あります。
水分補給にうってつけですから、特に水気が不足しがちな夏場などはお水の代わりに与えるなど便利に使うことができますよ。
また、さらさらしたお水状のスープは食欲のない猫ちゃんにも適しています。

パテタイプ

食材をすりつぶしペースト状にしたのが「パテタイプ」です。
パテタイプはドライと混ぜ合わせやすく絡みやすいのが一番の特徴。
猫の食欲が減退した時や、ドライフードの切り替え時に混ぜることで猫たちが食べてくれることが期待できます。
また、お湯に混ぜてゆるめることでシニア猫の食事や子猫の離乳食にすることができるのも魅力です。
お水の量をさらに増やせば、歯が弱った子や自力で食べられない子の強制給餌に利用できます。

ウェットフードを活用しよう!豆知識も

ウェットフードには単体でも、ドライと併用する場合でも色々な使い道があることを分かっていただけたでしょうか。
最後に豆知識も二つ特別にお教えします。
軽く温めることで、食欲増進効果はよりいっそう高まります。
ウェットフードに愛猫が関心を示してくれない時に試してみてください。

また、多くの猫ちゃんが嫌がるのが「お薬」。
薬をそのまま飲ませるのではなく、パテタイプのウェットフードに包むことで気づかないうちにペロリと食べてくれるかもしれませんよ。

関連記事

キャットフードの酸化

猫に酸化したキャットフードを与えないために見極め方を知っておきましょう

キャットフードの保存方法

キャットフードは鮮度が命!元気に食べてもらうための保存方法

猫の味覚

猫はキャットフードの味を分かっている?猫の味覚とキャットフードについて

成猫用のキャットフード

品質の良い食事で健康維持!成猫用のキャットフードの選び方

キャットフードをローテーション

キャットフードをローテーションで与える必要性や利点について

多頭飼い

多頭飼いの場合はキャットフードの与え方に注意しましょう