質の良い魚をふんだんに使用!モグニャンキャットフードの特徴

モグニャンキャットフード

猫は魚が好きという昔からのイメージがありますが、実際に肉よりも魚の味を好む子がたくさんいます。愛猫の健康を考える飼い主の間で注目を集めているプレミアムフードには色々な種類がありますが、鶏肉をメインとしたフードは魚好きの猫にはあまり人気がないようです。

しかし、魚を主原料としたプレミアムフードも販売されていますので、魚好きの子に良質なフードを与えたい場合は魚がメインのプレミアムフードを選ぶと良いでしょう。モグニャンキャットフードは魚を主原料としたプレミアムフードの代表で、安全性も十分です。

ここでは、モグニャンキャットフードの原材料や成分比率、安全性について詳しく解説します。

魚がメインで食いつき抜群!モグニャンキャットフードの原材料一覧

モグニャンキャットフードは、カナガンやシンプリーといったプレミアムフードを販売しているレティシアン社が、イギリスの工場と協力して作っているキャットフードです。質の良い原材料選びで有名なレティシアン社ならではの厳選された原材料はすべて、人間が食べられる品質(ヒューマングレード)のものを使用しています。

ペットフードの原材料は、使用されている割合の多いものからパッケージに記載されていますので、モグニャンキャットフードのパッケージに記載されている順番通りに原材料を挙げていきます。

白身魚63%、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、ダンデライオン
モグニャンキャットフードHPより引用

猫にとって動物性タンパクは必要不可欠ですので、白身魚を63%も使用している点で、非常に良い配合と言えます。また、動物性タンパクがすべて白身魚ですので、袋を開けたらすぐに猫が反応するような魚の良い匂いがします。

また、猫にとって必要がなく、消化しにくい穀物(トウモロコシや麦類など)は一切含んでおらず、代わりに消化の良いサツマイモを使用しているのも嬉しいポイントです。他にも、尿路結石に効果のあるクランベリーや、健康維持に欠かせないビタミンやミネラルも含んでいるので、猫の健康を考えたフードと言えるでしょう。

猫に必要なタンパク質量をクリア!モグニャンキャットフードの成分比率

猫にとってタンパク質は重要な栄養素ですので、キャットフードには30%以上含まれているのが理想と言われています。モグニャンキャットフードの成分比率をすべて見てみましょう。

粗たんぱく質30%、脂質16%、粗繊維3%、粗灰分 6%、水分7%、オメガ6脂肪酸2.95%、オメガ3脂肪酸2.08%、カルシウム0.62%、リン0.53%、ナトリウム0.30%、マグネシウム0.12%、代謝エネルギー374kcal/100g
(リン・ナトリウム・マグネシウム・カルシウムの値はメーカーに確認済、カリウムについては未公表)
モグニャンキャットフードHPより引用

タンパク質は30%なので、猫が健康を維持するのに十分な量が配合されています。猫がエネルギーとして最初に消費する脂質は、16%と少し控えめになっていますので、成猫やシニア猫に向いています。カリウムの値が未公表という点は気になりなすが、成分比率としては全く問題のない栄養バランスです。

危険な原材料はなし!無添加にこだわったメーカーならではの安心感

市販のキャットフードは、食いつきを良くするために人工香料などを添加している場合があります。しかし、添加物の中には健康に悪影響を及ぼすものもあり、また添加物の入ったフードを長く与えていると、病気のリスクを高めることになりかねません。

添加物の他にも粗悪な原材料を使用している商品も多く見受けられます。このようなフードは、嘔吐や下痢の原因になったり猫の寿命を縮めてしまったりする場合があるので注意が必要です。

モグニャンキャットフードの安全性、危険な原材料、成分の有無、そして長期的に摂取すると健康に悪影響を及ぼすおそれのある原材料や成分の有無から検証していきます。

危険な添加物や粗悪な肉材料は使用していません

病気のリスクを高めることが分かっている添加物は、人間が食べる食品への使用が禁止されています。しかし、ペットフードは添加物に関しての規制が緩いため、安価なフードには防腐剤や酸化防止剤として使用されていることもあるので、注意しましょう。

また、「肉類」と表示されているものの中には、人間が口にできないような粗悪な肉材料を含んでいる商品もあります。特に「4Dミート」と呼ばれる死骸や病気の家畜の肉は、獣医師が危険視している原材料です。

モグニャンキャットフードには、上記のような添加物や粗悪な肉類は一切使用されていません。動物性タンパクはすべてヒューマングレードの白身魚ですので、食事による健康トラブルを心配せずに食べさせられます。

長期的に摂取すると健康に良くない原材料・成分

4Dミートなどのように危険ではなくても、長期間摂取することで健康トラブルのリスクを高めるものもあります。遺伝子組み換え原料はがんを発症するリスクを高めますし、トウモロコシや麦類などの穀物は、猫が消化を苦手とするので内臓に負担をかけてしまいます。

モグニャンキャットフードはグレインフリー(穀物不使用)ですし、遺伝子組み換え原料だけでなく、人工香料などの添加物も一切含んでいません。穀物の代わりにサツマイモなど消化に良い原材料を使用しているので、猫の健康を第一に考える飼い主にオススメできる商品となっています。

モグニャンキャットフードには、人間用の食品と同等の安全性があります。今食べさせている市販のフードの安全性に問題があるのなら、愛猫の健康維持のためにも、モグニャンのような質の良いフードに切り替えてあげましょう。

魚好きな子にオススメ!モグニャンは食いつきと安全性の両方を大事にしています

魚好きの子や好き嫌いのある子の場合、風味が良くないと食べないというのが悩みの種。そうは言っても、食いつきを良くするために人口の添加物をたくさん使っているフードを与えるのは、健康のことを考えると、避けたいところですよね。

モグニャンキャットフードは、魚の風味を好む猫の食欲をそそる風味に仕上がっていますので、チキンやターキーなどの肉がメインのフードを食べない子に最適です。もちろん、危険な添加物や粗悪な肉材料は一切使用していませんので、安心して与えられます。

モグニャンキャットフードを製造販売しているイギリスのレティシアン社は、モグニャンキャットフード以外にも厳選された原材料を使用した安全なプレミアムフードを販売していて、愛猫家から高い信頼が寄せられています。モグニャンキャットフードの成分比率は、成猫からシニア猫に向いていますので、魚好きの愛猫に長生きしてとほしいと願うなら、今与えているフードからモグニャンに切り替えてみると良いでしょう。

関連記事

ミャウミャウ

a-iペプチド配合のキャットフード「ミャウミャウ」の特徴

フィリックス

フィリックスのキャットフードは猫に安心して与える事ができるのか徹底解説

ニュートロ

ニュートロの「ナチュラルチョイス」はどんなキャットフード?

カントリーロード

栄養価の高いカントリーロードのキャットフードについて

コンボ

国産キャットフード「コンボ」は猫にとって良いフードなのか?

ロイヤルカナンキャットフード

悪いウワサもあるけれど、ロイヤルカナンって本当はどんなキャットフード?