嗜好性が高いと評判のキャットフード「モンプチ」について

モンプチ

キャットフードの中でも有名な部類に入る「モンプチ」という商品。
コーヒーなどで有名なネスレの商品で、おいしそうに食べる猫のCMが印象的です。
どことなく高級感も漂うキャットフードですが、その成分は猫の健康にとって望ましいものなのでしょうか。
ここでは、成分や原材料、口コミなどをもとにモンプチの分析を行っていきます。

モンプチの特徴と成分について

モンプチはキャットフードのブランドの中でも味の種類の多さが目立つ商品です。
キャットフードを猫にとってただの栄養補給の商品ではなく、食事を楽しむためのものと捉え、味のバリエーションも増やしたようです。
最高の美味しさをというキャッチフレーズのもと、好き嫌いの激しい猫にもきっと好きなものが見つかるということでしょう。

ここではその中から「モンプチ5種のシーフードブレンド」の原材料についてチェックしてみました。
まず、メインとなっているものは穀物類で、小麦、コーングルテン、米といった食物のようです。
また、動物性たんぱく質として家禽ミールという表記があります。
動物性油脂や大豆ミール、着色料も入っているようですね。

キャットフード|モンプチの原材料で気になる点・不要な物について

味にこだわったモンプチの商品ですが、その原材料に注目してみると気になる点が多々あります。
まず、穀物がメインである点について解説していきましょう。
猫は肉食動物ですので、穀物の重要性はさほど高くありません。
腸が短いという特徴もあるため、消化が間に合わず、あまり摂りすぎると消化不良を起こしてしまう危険性があるのです。

さらに、小麦やトウモロコシといった食材は猫にとってアレルギー性が高く、穀物アレルギーになってしまう心配もあります。
そのため、これらの食材が含まれていないものが望ましいのです。

アレルギーについて詳しくは「猫の食品アレルギー症状と対策キャットフードについて」で紹介しています。

家禽ミールや動物性油脂という表記も気になるところです。
家禽ミールは肉副産物不使用と表記されていない限り、何が含まれているかが不透明です。
ほとんど栄養のないクチバシや羽もまた家禽ミールとして含まれている可能性があるため、あまりよくない表記といえるのです。

また、動物性油脂にはほとんどの場合酸化防止剤が使用されています。
しかし、ここで使われた酸化防止剤については表記をする義務がないため、何が使われているか分かりません。
健康に悪いものが含まれている可能性も否定できないため、心配です。

大豆ミールも不必要な成分の一つです。
大豆ミールとは大豆から有用な成分を搾り取った残りカスの事で、かさまし以外の用途がありません。
そのため、入っている必要のないものなのです。

着色料もまた同じです。猫は色で食べ物を判断しません。
香りと味が重要なので、着色料は猫にとって全く必要がないのです。
それどころか着色料のなかには発がん性やアレルギー性の高いものもあるため、入っていない方が望ましいのです。

モンプチは安全なキャットフードなのか?

モンプチの成分を見ていきますと、気になる点が多々見つかりました。
猫にとって重要なタンパク質は少なく、健康を害してしまいそうな穀物類やミールや動物性油脂といった不透明な表記、さらに不要な大豆ミールや着色料といった原材料を見る限り、毎日食べさせ続けるのは不安しかありません。

以上のことから、モンプチは安全とは言えないキャットフードということになってしまいそうです。
味にこだわり、猫のおいしさを追及する商品ですが、やはり安全性の高いものを与えたいものですよね。

モンプチの評判や口コミについて紹介します

それでは、実際にモンプチをためしてみた人々はどのような感想を抱いたのでしょうか。
良い口コミと悪い口コミを調べてきましたので、紹介していきます。

まずは良い口コミから見ていきましょう。どのようなものがあるのでしょうか。

【良い口コミ】

モンプチの口コミAさん
5種のフィッシュブレンド

食いつきがいいです。いつもおいしそうに食べてくれます。色んな味が出ていますが、どの味にしても満足しているみたいですよ。人間にとってもいい香りがするので、それだけおいしいものなのかもしれませんね。

モンプチの良い口コミは、食いつきがいいというものでした。
おいしさを追及しているようなので、それだけ猫が気に入る味を出せているのかもしれません。
嗜好性が高いフードと捉えていいでしょう。
それでは、悪い口コミはどんなものがあるのでしょうか。

【悪い口コミ】

5種のシーフードブレンド

着色料が不安です。着色料を何故入れるのかが分かりません。猫には不必要なはずなのに、こんなに入れる意味ってあるのでしょうか。やっぱり不安なので、あげるのをやめました。

7種のブレンド (かつお節入り)

あまり好きじゃないみたいで、食べ残します。食いつきが良かったのでおいしいのかなって思ったのですが、あまり欲しくないみたい。吐くことも多くなってきた気がするので、体に合っていないのかもしれません。

5種のフィッシュブレンド

添加物がたっぷり入っていて、うちの猫にはかなり毒でした。このご飯をあげていた時は元気もなくなってしまい、便の調子もかなり悪くなりました。体の弱い子にはあげない方がいいと思いますよ。

猫が食べなかったという声も勿論ありましたが、着色料を気にする声がやはり多くあったみたいです。
また、体の弱い猫への健康被害も報告されており、注意した方がよさそうですね。

モンプチは嗜好性が高いけれど健康上心配なところも

猫にとってのおいしいを追求したモンプチは、そのキャッチフレーズ通り、嗜好性が高く猫も喜んで食べるようです。
しかし、その成分は猫にとって不要なものや健康上よろしくないものが多く含まれており、注意が必要です。

関連記事

メリック

自然食品、高品質の原料を謳っているメリックのキャットフードの特徴

アニモンダ

ドイツ最大のペットフード会社であるアニモンダのキャットフードの特徴

ニュートロ

ニュートロの「ナチュラルチョイス」はどんなキャットフード?

シシア

食いつき抜群|100%ナチュラル素材のキャットフード「シシア」の評判

シンプリーキャットフード

猫の生態を考えた配合が魅力!シンプリーキャットフードの特徴

いなば

いなばが販売するドライキャットフードは猫に良いのか徹底解説