ユニ・チャームのキャットフード「ねこ元気」は愛猫に安心して与える事ができるのか?

ねこ元気

空前のネコブームと言われる昨今、巷には様々なキャットフードが溢れていますよね。
そんな中でも量販店などでよく目にするキャットフードのひとつにユニ・チャーム社のものがあります。
良いフードなのかな?口コミは?と気になっている飼い主さんもきっと多いはず。
今回はユニ・チャームのキャットフードの中から「ねこ元気 お魚ミックス」について徹底紹介します。

キャットフード|ねこ元気の特徴や成分等

ねこ元気(お魚ミックス)の原材料の中で、最も多い割合を占めるのはトウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉などの穀類です。
成分で次に多いものは「肉類」です。
とはいえ、これも細かく見ていくと「チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス」となっています。
つまり、フレッシュなミートではないということですね。

「ミール」には何かを粉状にしたものという意味があるのですが、必ずしも肉そのものが使用されているとは限らないので注意が必要です。
毛、羽根、時にはくちばしや内臓などの副産物が用いられている場合もあります。

ねこ元気の原材料で気になる点、不要な物について

特徴的な成分をチェックした段階で、すでに気になる点がいくつかありましたね。
率直に言ってしまうと、「ねこ元気(お魚ミックス)」には少々心配な原材料が含まれています…。
まず、穀類が主原料であること。
元来肉食動物である猫には穀類は必ずしも必要なものではありません。
穀類にアレルギーのある子もいますし、現在アレルギーを発症していない子でも食べ続ける内にリミットを越え、食物アレルギーを発症する危険性はあります。

【関連】猫の食品アレルギー症状と対策キャットフードについて

さらに、赤色40号、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号と五種類の着色料が使用されていますが、これははっきりと言って猫には不要な成分です。
フードの見た目が綺麗でおいしそうに見えてほしい……という希望は人間の自己満足のようなものです。
こうした人口着色料が猫の身体にとって有害なものであることは否定できないのです。

ねこ元気の安全性について

このように「ねこ元気」にはいくつか気になる材料が含まれています。
安全性に問題はないのでしょうか?
このキャットフード全体には酸化防止剤として「ミックストコフェロール」と「ハーブエキス」が用いられています。
これらは比較的安全性が高いと言われる天然成分です。
また、ビタミン類やミネラル類なども多く配合されていますので一概に「危険」であるとは言えないとも考えられます。

とはいえ、穀類が主原料であること、「ミール」を使用していること、そして人口着色料が使用されている点を考えれば「ねこ元気」がどんな猫ちゃんにも適したキャットフードだとは言い難いようです。

ねこ元気の評判、良い口コミ1件と悪い口コミ3件をご紹介

ここで、実際に「ねこ元気」を愛猫に与えている飼い主さんの口コミをご紹介します。

【良い口コミ】

ねこ元気の口コミAさん
お魚ミックス

五匹の多頭飼いです。これだけの飼育数になるとフード代にもシビアにならざるを得ないので「ねこ元気」の安価なところには助けられています。栄養の偏りはサプリで補っています。

「ねこ元気」はとてもコストパフォーマンスに優れているため多頭飼いの飼い主さんにとってはその点では助かるフードのようです。
ただし、やはり何らかの形で栄養を補う必要はあるのですね。
そういったリスクを懸念する口コミもあります。

【悪い口コミ】

お魚ミックス

食いつきがものすごくよかったです。猫にはおいしいのかもしれません。それだけに、ジャンクなフードなのかな?と心配になり、与えるのをやめました。

お魚ミックス

有難いのを通り越して、不安になるほど安い。こんなに安くて良いフードを作れるはずはないと思う。まともな肉が使われていないのかもと気になる。

お魚ミックス

好き嫌いの多いうちの子も食べたのでビックリ、でも原材料をよく見て二度ビックリでした。食欲不振時の最後の策としてだけ使おうかな……。

「食いつきが良い」傾向は多くの猫ちゃんに見られるようです。
でも、猫が好んで食べるものが体に良いものとは限りません。
最後の口コミの飼い主さんのように、なんでもいいから食べてほしい時の緊急用として使うのが賢いかもしれません。

キャットフード|ねこ元気の評判をまとめてみました!

「ねこ元気」は大手会社が手掛けるキャットフードですので
なんとなく安心なイメージを抱いている人も少なくないのではないのでしょうか。
確かに、身近で安価に手に入る・ニャンコたちの食いつきが良いという利点もあるようです。

しかしながら、原材料チェックから明らかになったのは
穀類や「ミール」、着色料といった猫に不要で有害な材料が使用されていること。
長い目で見ればこういった成分を愛猫に与えることは決して好ましいことではありません。
個人的には、「ねこ元気」はメインのフードとしては選択できません……
皆さんも、愛猫の健康のために、今一度フードの原材料からチェックをしてみることをおすすめします。

関連記事

ミオ

お手頃な値段で購入できるキャットフード「ミオ」について

いなば

いなばが販売するドライキャットフードは猫に良いのか徹底解説

ジャガーキャットフード

動物性タンパクが豊富で子猫に最適!ジャガーキャットフードの特徴

スマック

30年の販売実績のあるキャットフード「スマック」の特徴

コストコ

コストコの自社ブランドであるカークランドのキャットフードについて

カントリーロード

栄養価の高いカントリーロードのキャットフードについて