愛猫の健康を考えるなら無添加キャットフードがおすすめ!

無添加キャットフード

きちんとした食事が健康的な生活に繋がるのは、人間も猫も同じです。愛猫の食事を見直すときは、キャットフードに含まれる添加物をチェックしてみてください。無添加のフードを選んで、さまざまな不調のリスクを事前に取り除いてあげましょう。

キャットフードに含まれる添加物一覧

日本は外国に比べると、ペットフードの安全性に対する配慮が遅れていると言われています。そのため、猫にとってあまり好ましくない成分が入っているフードであっても、問題なく販売されています。

たとえば、ほとんどの国産キャットフードには添加物が含まれています。それらを長く摂り続けていると、さまざまな症状を引き起こす可能性があります。愛猫の健康を第一に考えるなら、無添加のフードを選ぶべきです。

キャットフードを購入する前に原材料をきちんと確認することは大切ですが、大きな落とし穴があります。それは、表示義務がない添加物もあるということです。そのため、原材料として記載がなくても、危険な添加物が入っている可能性はあります。

記載義務のない添加物についても、「〇〇不使用」と記載されている商品もあるので、そういったものを選びましょう。ここでは、気をつけなければならない添加物を紹介しますので、キャットフードを購入する際に参考にしてみてください。

エトキシキン

安価な防腐剤として、ペットフードによく用いられるのがエトキシキンです。人間の食品には使用が禁止されていることからも、体にとって良くない成分であるということは明らかです。

ペットフードには表示義務がないため、必ず「エトキシキン不使用」と記載がある商品を購入しましょう。

ブチルヒドロキシアニソール

ガムやバターなど、人間の食品にも使われる抗酸化剤です。アメリカの実験では、膀胱がんや甲状腺がんを誘発するリスクがあると報告されています。

亜硝酸ナトリウム

保存料・合成着色料として使用されるのが亜硝酸ナトリウムです。肉の黒ずみを防ぐ働きがあるため、おいしそうな見た目を保つことができます。しかし、肉や魚に含まれる物質と結びつくことで、発がん性物質を生み出すと言われています。

グリシリジン・アンモニエート

安全性が確認されていないことから、人間の食品には使用を禁止されている甘味料です。そもそも、猫は甘さを認識する能力が高くありませんので、本来、人工甘味料を配合する必要はありません。

没食子酸プロピル

キャットフードが劣化するのを遅らせる働きを持つ物質で、肝臓を傷つけるリスクがあるとされています。

人工着色料

赤色3号や青色2号などと呼ばれる人工着色料も、さまざまな健康被害をもたらす危険性があります。キャットフードに着色料を入れる目的は飼い主の購買意欲を高めるためであり、猫のためではありません。

合成調味料

猫はほかの動物よりもグルメであると言われており、気に入らないエサには見向きもしません。そのため、猫の嗜好性を高めて食い付きを良くすることが売れるフードを作る近道となります。

愛猫がおいしそうに食べるからといって、猫にとって本当に良いフードかどうかはわかりません。体にとって良くない合成調味料がたくさん含まれていることも考えられます。

愛猫のことを思うなら、無添加でありながら食い付きの良いフードを根気よく探してあげることが大切です。

無添加キャットフードのデメリットとその対処法

現在出回っているキャットフードは、「レギュラー」と「プレミアム」に大別されます。前者はスーパーなどで見かけるごく普通のキャットフードで、後者は猫のためを思って作られた高級品です。無添加のキャットフードは、プレミアムに該当します。

健康維持を第一に考えるなら、愛猫の食事はプレミアムフードを与えるべきでしょう。しかし、無添加のキャットフードを購入するときには気をつけなければならない点があります。

健康維持に繋がるキャットフード選びについては「品質の良い食事で健康維持!成猫用のキャットフードの選び方」で紹介しています。

食い付きが悪くなることがある

今までインスタント食品ばかり食べていた人が、いきなり健康的な食事に変えるのは難しいでしょう。濃い味付けやドカ食いが身に染みついてしまっていると、健康的な食事が物足りなく感じてしまいますが、それは猫も同じことです。

合成調味料がたっぷり入ったフードに慣れている猫は、なかなか無添加フードを食べてくれないかもしれません。ほかの商品に変える前に、食い付きがよくなるような工夫をしてあげましょう。

たとえば

  • かつお節やささみなどをトッピングする
  • 今まで食べていたフードを混ぜる

などの方法がおすすめです。

様子を見ながら少しずつこれらの量を減らしていき、最終的には無添加フードのみで食べられるように持っていきましょう。

保存性が低い

開封して空気に触れてしまったキャットフードは、時間とともに酸化してしまいます。酸化したエサを食べると、老化が早まったり下痢などを引き起こしたりします。愛猫の健康を考えるなら、できるだけ新鮮なうちに食べさせるようにしなければなりません。

キャットフードの酸化については「猫に酸化したキャットフードを与えないために見極め方を知っておきましょう」で紹介しています。

防腐剤や酸化防止剤が入っていない無添加キャットフードは、当然痛むのが早くなります。添加物が入っていない天然素材のフードも、劣化してしまえば猫の健康には悪影響です。賞味期限を必ず守り、匂いや色に異変があるものは与えないようにしてください。

キャットフードは袋に入れっぱなしにして保管するのではなく、保存方法に気を配ることが大切です。密閉容器や脱酸素剤などを使って、できるだけ空気に触れないようにしましょう。食べきれないときは1食ずつ小分けにして冷凍保存するのがおすすめです。

価格が高い

スーパーなどで見かけるレギュラーキャットフードは、内容量が多くて安価で販売されています。それに比べると、原材料や製法にこだわっているプレミアムキャットフードの価格が、高くなるのは致し方ありません。

安価なキャットフードは、

  • 穀物
  • 人工的な添加物
  • 粗悪な肉類

などでかさ増しされています。そのため、長期的に食べさせることで体に悪影響を及ぼす成分が蓄積してしまいます。栄養バランスも優れているとは言えず、栄養不足や肥満などのリスクも高まります。

一方プレミアムフードには、猫にとって本当に必要となる原材料しか入っていません。栄養バランスにも優れているので、ほかのものを食べさせる必要がありません。少量でも満足感があるため、ドカ食いを防ぐことができます。

無添加フードは、

  • ほかのものを与える必要がない
  • 少量でも満足

などの点から、安いフードと副食を与えることと比べて、実際にはそんなに価格が高いわけではありません。カナガンシンプリーなどの無添加フードは、比較的リーズナブルな価格でありながら安全性が高いので、高く評価されています。

人間にとって毒となる添加物は、体の小さい猫にとってはさらに危険性が高くなります。毎日食べさせるキャットフードは、無添加のものを選んであげましょう。添加物が入ってないため保存や食い付きに難があることもありますが、ちょっとした工夫で対処できます。

関連記事

猫の味覚

猫はキャットフードの味を分かっている?猫の味覚とキャットフードについて

キャットフードのふやかし方

キャットフードをふやかすって何?ふやかし方とその理由を解説

猫の毛玉ケア

愛猫が毛玉を吐いた!日常のケアとキャットフードで対処しよう

スープタイプ

スープ仕立てのキャットフードはこんな猫、こんな時におすすめ

キャットフードの保存方法

キャットフードは鮮度が命!元気に食べてもらうための保存方法

キャットフードの量と回数

猫に与えるキャットフードの量と回数の目安について