猫の変化・病気・症状

猫のくしゃみや咳・鼻水の原因とオススメキャットフード

猫のくしゃみや咳・鼻水

猫がくしゃみや咳をしていたら、何か病気にかかったのではないかと心配になりますよね。
猫がくしゃみや咳をする原因は、ただの生理現象として起こることもありますが、中にはアレルギーが原因で起きることも。
あなたの愛猫のくしゃみや咳が病気によるものなのかどうかを見極め、食物アレルギーが原因なら食事を見直してみましょう。

くしゃみをしていたら病気?健康な猫でもくしゃみや咳をします

猫はたまに、ブルっと横に首を振るような仕草をすることがありますが、これが人間でいうくしゃみに当たります。
頭を下に向けてフンフンと鼻を鳴らすのは、猫の咳です。
しかし、このような行動があったからといって、必ずしも病気というわけではありません。

健康な猫でもくしゃみや咳をすることがありますので、病気のサインかどうかの見極め方を覚えておきましょう。

正常な反応で起こるくしゃみや咳はすぐに治まる

猫も人間と同様、鼻や喉にほこりなどの異物が入れば、体の外に出そうとします。
そのときにくしゃみや咳をすることがありますので、数回で治まるなら病気の心配はほぼありません。
飼い主が心配しすぎると猫にもストレスがかかってしまいますので、すぐに治まったら普段通り接してあげましょう。

また、アレルギーの症状であっても、ダニやノミ・ハウスダストがアレルゲンの場合、掃除や換気をまめにすることである程度症状が治まります。
ただ、咳をするときにゼーゼーという音が聞こえている場合は、器官に問題があることもありますので、気になるようなら動物病院に連れて行ってあげてください。

鼻水や発熱のあるくしゃみ・咳が続いているなら病院へ

何回かして治まるくしゃみや咳は問題ないのですが、何日も続くようなら猫風邪(ウイルスや細菌による感染症の総称)にかかっているかもしれません。
鼻水が止まらない、いつもより体温が高くてだるそうにしているなどの症状があれば、動物病院に連れていくことをおすすめします。

他には、次のような病気にかかるとくしゃみなどの症状が出ますので、それぞれの特徴を紹介します。

  • 副鼻腔炎…鼻筋が盛り上がって見え、鼻が詰まって息苦しそうにしている。
  • 猫クラミジア感染症…くしゃみと一緒に目やにがたくさん出る。生後1年未満の子猫が感染しやすい。感染力が強いので、多頭飼いの場合は他の猫と離した方が良い。
  • 猫エイズウイルス感染症…下痢や嘔吐が続く。交尾やケガなどで感染している猫の体液に触れるとうつる。
  • アレルギー…人間同様、花粉や食物アレルギーなどがある。くしゃみと鼻水が続き、皮膚にも症状が出ることがある。

上に挙げたような症状があれば、病院で検査をしてもらいましょう。
このうち食後に症状が出るようなら食物アレルギーの可能性が高いので、検査で特定してもらったアレルゲンが含まれていないフードに切り替える必要があります

アレルギーの猫にオススメのキャットフード

米や麦類・トウモロコシなどの穀物は、完全な肉食動物である猫にとって、食べられないものではないけれど必要のないものです。
しかし、市販されているキャットフードの大半には、満腹感を出すために穀物が使用されています。

しかし、穀物は猫にとって消化しにくいばかりか、しばしばアレルゲンになることがあります。
健康な子でも、穀物の多いフードはあまり望ましくありません。
アレルギーの子ならなおさら、穀物不使用(グレインフリー)か穀物のできるだけ少ないフードにしてあげる必要があります。

数あるキャットフードの中で、グレインフリーのものと、アレルゲンカットの特別食がラインナップに含まれているものを具体的に見ていきましょう。
ここでは、アレルギーを悪化させるおそれのある添加物が含まれていないフードのみを紹介します。

さらに詳しく知りたい方は「猫の食品アレルギー症状と対策キャットフードについて」をご覧ください。

グレインフリーのキャットフード

最近では、プレミアムフードのほとんどがグレインフリーとなっています。
さらにプレミアムフードには有害な添加物も少なく、良質な原材料が使用されているため、アレルギーの子以外にもオススメです。
キャットフードのメーカーごとに、大まかな特長と価格を紹介します。(値段は公式サイトで個別に購入した場合)

カナガン

トウモロコシの代わりに消化しやすいサツマイモを使用するなど、猫の健康に配慮した原材料選びが特長。
美味しさを追求しているので食が細い子にオススメ。値段は1.5kg当たり3960円。

シンプリー

猫に起こりやすい健康トラブルに対応した原材料を使用しているのが特長。
カロリーが控えめなので、成猫~シニア向け。値段は1.5kg当たり3960円。

モグニャン

魚をメインとした原材料を使用。白身魚などは、ヒューマングレード(人間が食べても問題のない品質)のものを使用しているので安心。値段は1kg当たり3960円。

ジャガー

肉材料をふんだんに使用し、猫に必要なタンパク質の割合が高い。
すぐに代謝される脂質も十分に含まれているので、成長期の子猫に最適。値段は1.5kg当たり4280円。

オリジン(キャット&キトゥン)

無添加とグレインフリーにこだわった高タンパクのフード。
シニアにはタンパク量が多すぎるので、1~2歳ほどの成猫にオススメ。値段は340g→1458円、2.27kg→7344円、6.8kg→15120円。

シニア猫に合ったキャットフードについては「シニア用のキャットフードの選び方とは?質の良いタンパク質を使ったものを」を参考にしてください。

上で紹介した商品は特別にアレルギー用というわけではありませんが、穀物がアレルゲンの猫にオススメです。
アレルギーの症状だけでなく、消化不良や食べ過ぎといったトラブルも解消できますので、健康を考えた食事をさせたい方は一度試してみてください。

アレルゲンカットの特別食が用意されているキャットフード

ペットフードメーカーの中には、犬や猫のさまざまな病気に合わせた療法食を用意しているところがあります。
ここでは、アレルギーに配慮したグレインフリーのキャットフードがラインナップに含まれるメーカーと商品名・価格を見ていきます。

アニモンダ(猫 インテグラセンシティブ ウエットフード)

アレルギー用の「センシティブ」には3つのラインナップがあり、完全にグレインフリーなのは「七面鳥とポテト」。
タンパク質と炭水化物の原材料をそれぞれひとつにすることで、アレルギーに対応している。値段は1缶100gで367円。

ヤラーキャットフード

ドライフードは穀物の使用が多いが、アルミトレーのウエットフード「チキンとターキーのキャットチャンク」だけはグレインフリー。値段は1缶100gで356円。

アーテミス(オソピュアグレインフリー)

高品質のドッグフードで有名なメーカー。「オソピュアグレインフリー」の猫用は、ドライフード1種類とウエットフード5種類。
値段はドライフード1.8kgで4158円、ウエットフードは1缶85gで321円。

数え切れないほどのキャットフードが販売されていますが、穀物不使用のフードを用意しているメーカーは少ないことが分かります。
今食べさせているフードのメーカーにアレルギー用のラインナップがないのなら、グレインフリーのフードに切り替えるのがベストです。

猫が自分でキャットフードの種類を決められるわけではありませんので、飼い主がしっかりと管理してあげる必要があります。
特にアレルギーがある子には、穀物の入ったフードは極力与えないでください。
アレルギーが悪化したり、治らなくなったりするおそれがあります。

猫のくしゃみや咳、鼻水の原因のひとつはアレルギーです。
ごはんを食べた後に症状が出るなど、食物アレルギーが疑われる場合は、病院でアレルゲンを特定してもらうことをおすすめします。
猫のアレルギーを引き起こしやすい穀物を使用したキャットフードは避け、食事による健康管理に気を付けましょう。

安全な無添加キャットフードはこちら♪
キャットフードモグニャン

なかなか食べてくれない子に『モグニャン』がおすすめです。大きさや去勢の有無に限らず、与えられるので心配ありません。
もう、添加物だらけのキャットフードはやめませんか?

モグニャンを見てみる

人気キャットフード記事