猫の変化・病気・症状

ダイエットで長生き!上手なキャットフードの選び方と与え方

猫のダイエット

フードやおやつを愛猫にねだられると満足するまで与えたくなりますが、注意が必要です。肥満になると、体に大きな負担がかかるため病気を引き起こしてしまう可能性があるからです。飼い主が食事量や運動量を上手にコントロールしてあげることがとても大切です。

肥満が糖尿病などの病気を引き起こすことがあります

消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いと、余ったエネルギーは脂肪として体に蓄えられます。子猫のときは活発に動き回るため肥満になることはまれですが、年をとるとともにのんびり過ごす時間が増えるので自然と太りやすくなっていきます。

特に秋口は、体が冬を越えるために脂肪を蓄積しようとするため太りやすくなります。家の中だけで飼っていると、蓄積された脂肪が消費されるチャンスが少ないため肥満につながります。

肥満になった猫もコロコロしていて見た目は愛らしいままかもしれませんが、体には大きな負担がかかっています。全身へ血液を送り出す心臓に負荷がかかるのはもちろん、首周りの脂肪に気管が圧迫され呼吸がしにくくなります。さらに、糖尿病や椎間板ヘルニヤ、関節炎などを引き起こす恐れがあります。

猫の糖尿病についてさらに詳しくは「肥満の猫は要注意!糖尿病のサインとキャットフードの選び方」をご覧ください。

また緊急で手術が必要になった際に、麻酔が脂肪にも行き渡ろうとして脳に届かず大量に投薬する必要が出てきます。その結果、生命を維持するための心臓や呼吸を弱めてしまい手術をさらに難しくしてしまう可能性もあります。

猫がおやつや食事を欲しがると、つい食べたいだけ与えたくなってしまいますが、将来的なことを考えると、食べる量をしっかり管理してあげるのが飼い主の役目です。

お腹がぷっくりとしていたらダイエットが必要かもしれません

そもそも猫のどこを見て肥満と判断したら良いのでしょうか。猫の肥満度は人間のBMI値のような明確な基準がありませんが、見た目でチェックする方法があります。

四つ足で立った状態の猫を真上から観察したとき、ウエストがなだらかにくびれているのが理想の体型です。ウエストが出っ張っていたり、ヒョウタンのようにぷっくりしていたり、背骨を触ったときに脂肪があるのを感じたりする場合は、ダイエットが必要な肥満体型といえます。

大人になったオス猫の顔が丸々としているのは、頬から顎にかけての筋肉が発達したためですので心配いりません。首や太ももの皮膚がタルンと伸びている猫もいますが、ケンカをして噛まれたときに致命傷にならないための役割を果たすためのものですので、問題ありません。

ただし見た目や触っただけではわからない、内蔵脂肪による隠れ肥満の猫もいます。成長期以降に、動物病院でレントゲンやエコーで検査をしてもらうと安心でしょう。風邪をひいたりして動物病院を訪れた際に、体型のことも合わせて相談してみるのも良いでしょう。

栄養バランスがよく低カロリーのフードを選びましょう

ダイエットのためのキャットフードは、低カロリー・低脂肪・高繊維で栄養のバランスがとれているものが理想です。一般的なフードと比べると価格が高いものもありますが、ダイエットが必要な場合は猫の健康を考えてフードを切り替えるようにしてください。

各社からダイエット用や室内猫用、年齢に合わせてつくられたものが発売されています。それぞれの原材料をじっくり見比べて納得ができるものを選びましょう。ふだん通っている動物病院の獣医師に、相談してみるのもおすすめ。

猫は神経質ですので、フードを変えるときは1週間ほど時間をかけて、慎重にキャットフードを切り替えていく必要があります。初日は、これまで食べさせていたものに新しいフードを1割ほど混ぜて与えます。便の様子を見て問題がなければ、少しずつ新しいフードの分量を増やしていきましょう。

食事の回数は、1日2~3回がおすすめです。1日に必要な摂取量を分けて与えてください。ダラダラと食べるクセがついてしまっている場合は、「30分以内に食べなかったものは片付ける」などのルールを設けてください。水だけは、いつでも飲めるように用意してあげましょう。

猫の食事については「猫に与えるキャットフードの量と回数の目安について」でもまとめています。

食事の量を減らし、おやつをやめることでダイエットを促進

成長期に必要なカロリーは、体重1キログラム当たり80キロカロリーほどです。成長期を過ぎた猫は、成長期のカロリーから2割減で問題ありません。

ダイエットは、1週間で体重の1~1.5%程度を減らしてくのが理想とされています。ダイエット期間中は、体に蓄積した脂肪を燃焼させるために1日に必要な摂取カロリーから20~30%減らすようにしましょう。

食事の量を減らす際は、様子を見ながら少しずつ減らしてください。肥満の猫は、たいてい食べることが大好きです。急に食べる量が少なくなってしまうと、ストレスがたまります。複数の猫を飼っている場合は、他の子の食事を取ってしまったり、イライラして八つ当たりをしてしまったりすることがあるので、注意しましょう。

一気にたくさん食べられないように、猫の前足だけが入る程度の入口が狭い入れ物にフードを入れるとか、ペットボトルに複数箇所に小さな穴を開けて転がすと少しずつフードが出るようにするといった工夫も有効です。

おもちゃを使って、運動量を増やすことも大事なポイントです

室内のみで飼っている猫は、運動不足になりがちです。運動不足になると、本来のホルモンバランスが崩れて、太りやすい体質になってしまっていることもあります。

食事をコントロールしてあげるとともに、よく遊ばせるようにするのもダイエットを成功させるコツです。食事量が減ってしまったストレスを発散させる効果もあります。

肥満が進行しているときは、体が重いので動くのを嫌がるかもしれません。猫じゃらしのような、寝転がっても遊べるようなおもちゃで体を動かす習慣をつけるようにしましょう。体を動かして遊ぶ楽しさを思い出すと、遊ぶ時間が増えるはずです。

痩せて体が軽くなってくると、ネズミのおもちゃやボールを追いかけるような遊びも楽しくできるようになります。ダイエット成功後も、健康と体型を維持するために年齢に応じた運動をさせるようにしてください。

安全な無添加キャットフードはこちら♪
キャットフードモグニャン

なかなか食べてくれない子に『モグニャン』がおすすめです。大きさや去勢の有無に限らず、与えられるので心配ありません。
もう、添加物だらけのキャットフードはやめませんか?

モグニャンを見てみる

人気キャットフード記事